ティム・ウィントンがオススメ 2017年度

最後の挿絵の!幼い子供とブルーバックの様子は!とても温かく!微笑ましいものでした。ひと夏の物語ではなく、若かった母が老いてゆく時間を描いた、ひとつの家族の、長ーい時間の物語です。舞台はオーストラリア。

こちらになります♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ティム・ウィントンブルーバック [ ティム・ウィントン ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

5〜6年生向けかな。低学年には難しい内容でしたが、感動できる内容で、母と子の物語と自然の雄大さが、情緒たっぷりの言葉で書かれています。文章は淡々と進みますが!ひとつのものを守り続けるということが!どんなに大変なことか!どんなに情熱の要ることか!ひしひしと伝えて来ます。。日本の捕鯨はバッシングを受けますが!この物語には!かつて捕鯨族であった部族の子孫が出て来ます。子供の読書感想文用に購入。環境が変わってゆくなかで!命を考える物語でもあります。真っ青な表紙に惹かれて買いました。カラフルなCGに慣れた子供には物足りないけも知れないけれど、シンプルな線画が想像力をかき立てます。挿絵は鉛筆画。